必見!花火の選び方
塾の勧誘を受けた長男
読書ノートを用意する 子供を読書好きにするために
QUUTで全力砂場遊び

大野城いこいの森キャンプ場 2022年最後のキャンプブログⅠ

大野城いこいの森キャンプ場

大野城いこいの森キャンプ場は、福岡県大野城市にある大野城いこいの森内にあるキャンプ場です。

 

 

予約は092-595-2110へ電話で予約(9:00~17:00)

もしくはネットで予約になっています。

ただし、初めて利用するときには電話予約のみです。

育児猫家も今回が初めてでしたので、電話で予約しましたよ。

onojo-ikoi.jp

 

大野城いこいの森は、とにかく広い総合公園です。

キャンプ場だけではないのです。

総合公園からキャンプ場まで徒歩で30分となっていますが、まぁ育児猫なら1時間弱かかりそうです。

凄い山道だったので。

子供達だけなら30分でいけるかもしれませんねw

www.ikujineko.com

 

大野城いこいの森キャンプ場 基本情報

駐車料金     220円

 

入場料 大人   440円

    小中学生 220円

    未就学児 無料

 

ゴミ処理場    200円

 

ロッジ

利用人数:10人まで

利用時間:14:00~11:00

利用料金:1泊11000円

設備  :炊飯器・IHコンロ・冷凍冷蔵庫・エアコン(1時間100円)・ガスファンヒーター・ドライヤー・ボディソープ・テーブル・庭にテーブルとベンチとかまど

 

デッキテント

デッキテントサイトはウッドデッキの上にテントを設営するタイプのサイトです。

利用人数:5人まで

利用期間:1~6月及び10~12月

利用時間:14:00~12:00

利用料金:1100円

 

常設テント

利用人数:10人まで

利用期間:7月1日~9月30日

利用時間:14:00~12:00

利用料金:5500円(9月は4400円)

 

ファミリーテント・フリーテント

利用人数:5人まで

利用時間:14:00~12:00

利用料金:1100円

 

どの施設を利用するにしても、有料のレンタル品を利用することが出来ます。

育児猫家は何もレンタルしませんでしたが

・テント

・タープ

・寝袋

・バーベキューコンロ

・炊飯セット(しゃもじ・なべ・フライパン・まな板などなど)

・やかん

 

一通りレンタルできるので、初心者の方が初めてファミリーキャンプしてみるのには最適なキャンプ場だと思います。

レンタル料金は110円から1100円まで。

「あ!しゃもじ忘れた!」みたいなときにも、単品110円でレンタルできるから安心ですね。

 

利用料金がちょっとわかりにくいかもしれませんが、

 

育児猫家の場合

・フリーテント利用料 1100円

・駐車場料金 220円

・ゴミ袋 200円

・入場料 大人440円×2

     小学生220円×2

     幼児無料

で、トータル2840円となりました。

   

ちなみに通常時はお風呂とシャワーも有料で使用できるそうですか、コロナ禍で現在はシャワールームのみ利用できるそうです。

今回育児猫家は子供が鼻水垂れていたので、湯冷めしそうなシャワーは利用しませんでした。

シャワールームは15分で200円。

アメニティは用意してあるそうですよ。

 

まずは中央公園へ

育児猫家が大野城いこいの森に到着したのは午前11時。

キャンプ場のチェックインは14時なので、しばらく公園で遊ぶことにしました。

もちろんそのつもりで早めに行ったのです。

 

上のマップを見るとわかりますが、無料の駐車場と有料の駐車場があります。

しかし無料の駐車場から公園までは、近そうに見えるけど距離もあるうえに高低差もすごい。

まぁまぁ倹約家の旦那ですが、すぐ近くの有料駐車場に停めてくれました。

ちなみに駐車料金は220円でした。

 

ということで、育児猫家in中央公園of大野城いこいの森です

う~ん。いい天気。
珍しく長男だけ上着を羽織っていますねぇ。

 

正面入り口はこんな感じです。

 

入るとすぐに大型遊具があります。

育児猫家の子供たちはなぜか見向きもしませんでしたが。

 

斜面を利用して、いろんな遊具が設置されていました。

 

このローラースライダーもかなり長かったです。

 

斜面を上手に使ってある遊具で、子供たちは楽しそうでした。

 

海の中道海浜公園のくじラグもフワンポリンの小型バージョンもありました。

 

www.ikujineko.com

 

 

色々な遊具があるのに、育児猫家の三人が一番気に入ったのはこれ。

右のはしごを登って、上の廊下を渡り、左のはしごを降りるという遊具と呼べるのかも微妙な施設。

この施設で1時間以上鬼ごっこしておりました。

 

この公園は大型の遊具がたくさんあるし、ベンチも多めにありましたし、芝生も広くて家族で遊びに来るには持って来いですね。

基本無料ですし。

また来たいなぁと思いました。

 

大野城いこいの森キャンプ場へ

とはいえ、今日の目的はキャンプであります。

名残惜しそうな子供たちを車に押し込んで、キャンプ場に向かいましたよ。

こちらが受付です。

 

レンジが置いてあるキャンプ場は初めてみました。

 

こちら受付にあるキャンプ場のマップです。

 

フリーテントサイトはA~Dまでありますが、A・Bサイトは駐車場に車を停めて移動しなくてはなりません。

近そうに見えますが結構な坂道です。

リアカーのレンタルはありますが、ファミリーキャンプだと2往復はしないといけないでしょうから、ちょっときつそうでした

 

育児猫家は今回Cサイトを予約しました。

Cサイトはオートサイトになっていて、車をテントの横までつけれるので楽ちんです。

 

またマップでは分かりづらいですが、Dサイトもテントサイトのすぐ近くに駐車場があり、ほとんどオートサイトと変わらないくらいの便利さがあると思います。

 

ファミリーキャンプを大野城いこいの森キャンプ場で決行するなら、CかⅮサイトがお勧めですよ。

 

受付の裏手にシャワールーム。

 

シャワールームの向かいには、ドライヤールームもありました。

ちなみに受付付近で子供たちが最も喜んだのは

公衆電話w

確かに懐かしいねぇ。

 

すごく長くなってしまったので、続きはまた後日。

 

では今日はここまで。

諸事情により、ランキングボタンかなり下に設置しています。

よろしかったら1クリックで応援お願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ