Quut(キュート)で全力砂遊び

f:id:ikujineko:20220331082038p:plain

今日は土曜日ですが、久しぶりにキャンプに行く予定ですので

脳トレシリーズはお休みさせていただきます。

楽しみにして下さっている方、申し訳ありません。

また来週よろしくお願いいたします。

 

 

Quutってご存じですか?

Quut(キュート)はベルギー生まれの砂遊びおもちゃのブランドです。

バストイもあるようです。

 

育児猫家ではQuutの砂場遊び道具をいくつか、2014年に購入しています。

当時は社宅に住んでいて、敷地内に公園がありました。

公園にはちょっと大きめの砂場もありまして、週に1,2回は子どもと一緒に砂遊びを楽しんだものです。

 

育児猫が砂場で遊ぶと、あまりの規模の大きさに一週間は痕跡が残るため、『育児猫遺跡』と社宅のママ友に呼ばれていました。

 

現在は戸建てに住んでおり、目の前に公園があるにはあるのですが、砂場がないので砂遊びの回数も減りました。

 

でも先日、卒園したばかりの次男の幼稚園のお友達と一緒に、久しぶりに大きな公園の大きな砂場で遊んできました。

 

www.ikujineko.com

 

www.ikujineko.com

 

 

ちなみに育児猫は「やるからには本気でやる!」がモットーです。

 

お天気にも恵まれて、子供も私もすっごく楽しかったです。

 

おおきなお山を作って、トンネルを掘ってと頑張ったのですが、それを見ていた他のママ達から、「その道具はどこで買ったんですか?」と何回か質問をもらったので、今日はこちらのブログでご紹介します。

 

Quut(キュート)で作った砂山

まずはこちらの写真をご覧ください

f:id:ikujineko:20220331083625j:plain

見ての通りの砂山です。

写真では伝わりにくいですが、結構なサイズです。

山裾の半径が1メートルくらいあります。

 

左奥にいる次男の足元に転がっているのは


 

 

こちらのQuutスコッピーです。

色違いが出ているんですねぇ。

 

画面では伝わりませんが、とにかくこのスコップはしっかりしています。

子供でも身体全体の力を使いやすいです。

育児猫はこのスコップなしでは、このサイズの砂山は作れません。

 

上のリンクの写真だと、女の子が足をかけている部分。

大人ならこの横棒を握ることで、バランスよく両手で力を入れることができます。

文章だと伝わりづらいですが、やってみるとわかります。

 

実際、育児猫が大きな砂山を作ると、

「僕にも作って~」と子供にねだられて

頑張って作ろうとするママやパパが続出しますが、

砂山の大きさで負けたことはありません。

 

もちろん大人が農作業などに使う金属製のシャベルをつかえば可能なんでしょうが、小さな子供がたくさんいる砂場に、金属製のシャベルを持ち込むのは危険ですよね。

 

たいていのパパママは、100均の道具か素手で挑んできますので、途中で力尽きます。

 

写真の右側。躍動感あふれる黄色い服の長男が右手に持っているスコップは、ナフコの園芸用です。

強化プラスチック製でしっかりしています。

300円位だったと思います。

トンネルを掘ったりするのには、とても便利ですよ。

 

そしてこれだけ大きな砂山を作ると後は子どもたちが勝手に遊びだします。

f:id:ikujineko:20220331084449j:plain

トンネル開通。

 

画面の真ん中にいる次男が今持っているのは


 

こちらですね。

育児猫家のパープルは今は取り扱いがないようです。

 

f:id:ikujineko:20220331084807j:plain

柄が長いので深い穴も掘りやすいです。

 

f:id:ikujineko:20220331084919j:plain

右奥のお友達が使っているのは

 


 

こちらの丸いバージョンです。

次々作ると壮観ですよ。

今回は作るたびに小さいお友達が来て崩しちゃうので、残念ながら写真は取れませんでした。

 

おべんとうで一休み

もう本当に砂遊びというよりも、土木作業しているくらいの気分になります。

おべんとうをしっかり食べて、休憩です。

f:id:ikujineko:20220331085332j:plain

彩りもへったくれもありません。

 

とにかくしっかりカロリーを摂取しますよ。

写真撮るの忘れてましたが、デザートは冷凍いちごと業務スーパーの「みたらしもちっこ」でした。

 

さあもう一回頑張ろう

お昼休憩していると、ほかのお友達がさっき作ったお山に登ったり崩したりして遊んでいました。

 

諸行無常だね。

 

大丈夫、また作ればいいのさ。

みんな砂と水でドロドロだったので、着替えてもう一回山づくり。

f:id:ikujineko:20220331085658j:plain

さっきよりも、もっと大きなお山になったね。

 

これだけ大きなお山を作るには、土台を湿らせる必要があります。

水道が少し離れているので、バケツで水を運びます。

 

残念ながら写真には写り込んでいませんが、


 

育児猫家の砂場バケツはこちらです。

コロンとしたフォルムが可愛らしく、水の注ぎ口が小さいため意外とこぼしづらくて、子供たちに人気があります。

 

Quut(キュート)のお砂場道具いかがでしたか?

今は100均に行けば、いろいろなお砂場セットが売ってありますね。

育児猫家もいくつか買ったことがあります。

 

でも100均のお砂場道具で大きな砂山は難しいです。

全体的にプラスチック自体の強度が弱く、力を入れづらい気がします。

もちろん、型を抜いたり、小さなお山を作って遊ぶ分には十分ですけれど。

 

今回ご紹介したQuutの砂場トイは、しっかりした作りですし、丈夫です。

実際育児猫家では8年活躍していますが、まだまだ現役で頑張れそうですし、傷んでいる印象もありません。

 

それに見た目もとってもかわいいです。

 

8年使ってみて、育児猫が最もお勧めしたいアイテムは、最初にご紹介した「スコッピー」です。


 

これがあれば、大きな砂山ができますよw

大きな砂山を作って、公園のヒーローになりたいパパママには、本当にイチオシアイテムですよ!

 

スコップに3,000円も?って思われるかもしれませんが、8年遊び倒してもまだ全然現役。

十分もとは採れたと思います。

 

出来れば、


 

こちらもあったほうが、盛り上がります。

 

バケツはどうしても、Quutじゃないといけないとまでは思いません。

可愛いのはかわいいですけどw

 

あと


 

このカッピーも色違いを持っていますが、こちらは正直お勧めしません。

ひもはちぎれて、ボールはどこかに消えました。

あと本来、外側と内側を分離できるのですが、間に砂を嚙んでいるせいか、どう頑張っても外せなくなりました。

 

筋肉は買えません

さんざん楽しい砂遊びをご紹介いたしましたが、念のために付け加えておきますと、翌日から3日間ほど、筋肉痛で「いてて・・・」となりました。

 

子供達は元気いっぱいなんですけどねぇ。

 

筋肉もネットで買えたらいいのにねw

 

でも大人が真剣に砂山で大きな山を作って見せると、子供も真剣に遊び始めますよ。

 

トンネル、堀、お城・・・子供の想像力って無限です。

大きなお山さえ作ったら、あとは3時間くらい子供達だけで一生懸命遊んでいましたよ。

 

久しぶりに楽しい砂遊びでしたw

 

 

それでは今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。