眠れない時にすること

f:id:ikujineko:20211013113421p:plain

 

 

今週のお題「眠れないときにすること」

今日は初めて今週のお題にチャレンジしたいと思います。

今現在、9月27日午前1時でございます。

ちょうど「眠れない」ときを過ごしていますので、普段も含めて何をするかを書きたいと思います。

ブログを書く

これは今月から始まったことではありますが、最近夜眠れないとパソコンに向かってブログを書いてみることが多いです。

今は特にブログのデザインが気に入らなくて、悩んでいます

「あ~でもない。こ~でもない」といじり倒して、訳が分からなくなってきています。

最初が一番良かったなぁ。

でもカスタマイズと相性が悪かったんですよね。

多分また近々デザインを大幅に変更すると思います。

 

追記:9月28日デザイン落ち着きました。

コロコロ使用を変更したので、おいでいただいている皆さんにもご迷惑だったかと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

日中は子供たちや旦那がいるので、自由に書くことができません。

特に理由があるわけではないのですが、育児猫は旦那にブログを書いていることを秘密にしています。

それに子供たちの前でパソコンやスマホを触る時間を出来るだけ短くしたいと思っているので、なお厳しいです。

平日は子供たちが小学校と幼稚園に行っている間にかけるのですが、土日祝日の分はこうやって平日の深夜に書き溜めた分を予約投稿していることが多いです。

海外ドラマを見る

ブログを始めるまではこれが一番多かったと思います。

ちなみに育児猫は『クリミナルマインド』『CSI』などの犯罪物が好きです。

 

日本のドラマはあまり興味ないのですが、不思議とアメリカのドラマは見出すとハマります。

おそらくなんですが、日本人が演じる日本を舞台にしたドラマは生々しすぎて嫌なのだと思います。

 

また恋愛ものは昔から苦手で、漫画は好きですが読むのは少年漫画や青年漫画がほとんどです。

 

あと歌手とかアイドルとか俳優とかに夢中になったことは今まで一度もありません。

好きな歌手はいるし、この人いい男だなぁとテレビで思うことはあるのですが、本当にそれだけです。

わざわざその人が出ている番組をみようとか、グッズを買おうとかしたことはありません。

なぜって、自分でもちょっとわからないけれど、冷めているだけだと思います。

アイドルにはまって「きゃー♡」ってなれる人をみると、ちょっとうらやましくさえあります。

夢中になれる対象があるって楽しそうですよねぇ。

なんか話がずれてきたから、ここで区切りますね。

 

 

 

本を読む

これは最近は禁じ手にしてるんですけれど、若いころはたいてい本を読んでいました。

なぜ現在は禁じ手にしているかと申しますと、最後まで読まないと眠れないからです

育児猫は読書が趣味ですし、まぁまぁの速度で読めるほうだと思いますが、それでも文庫本一冊読むのに2~3時間はかかります。

内容にもよるんですけどね。

 

育児猫が一番好きな作家さんは貴志祐介さん。

遅筆な方ですがすごく想像力を掻き立てられる小説が多くて、引き込まれます。

新世界より』という作品は上下巻合わせてよむのに7時間くらいかかりますが、読みだしたら止まらないので、母親業を放棄する覚悟で読まねばなりません。

深夜読み出しちゃうと朝までかかっちゃいますからね。

 

今は読書は基本的に日中、子供たちが本を読んでいるときに読むようにしています。

全部は読めないんですが、それは仕方ないですよね。

あと10年くらいはゆっくり本は読めないものだと諦めています。

子供をみたりさわったりする

これはもう本当にいくらやっても飽きません。

長男はどんなに夜中でも私がちょっとでも触れると必ずしっかり抱きついてくれます

「おかあさん、大好きだよ」も必ずくれます。

息子は小さい恋人だという方がいますが、長男を相手にしていると本当にそうだなぁと感じます。

 

次男は逆に私が触ると逃げていきます。

たまに抱きついてくれるけれど、5秒で逃げ出します。

暑がりなんですよね。

ムチムチだからかしら。

でも逃げる次男を追いかけるのが、たまらん楽しいです(〃艸〃)ムフッ

あと脂肪が多いせいか、触るとひんやりして気持ちいい。

寝てても癒してくれる次男です。

 

長女は日によってリアクションが違うので、それはそれで楽しみです。

すっごくべったりくっついてくる日もあるけれど、こっちの顔を両手で押しのけて、全力拒否されちゃうこともあります。

でもとにかく体が柔らかくて、抱きしめると気持ちいい

長女の柔らかくて細い髪をなでていると、なで返してくれることがあります。

ごわごわで白髪交じりの髪だけど、「よしよし」っていってくれることもあります。

 

それぞれのおでこにチューしたり、鼻をちょっとつまんでみたり、足の裏をこちょってみたりと、母はやりたい放題やってます。

 

みんなぐっすり寝てくれる子でよかったw

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

育児猫の眠れぬ夜の過ごし方。

参考にはならないですよねぇ。

ちなみに独身時代は徹夜でネットゲームしたりもしてたんですよ。

その話は長くなるのでまた別の機会に書きたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。