必見!花火の選び方
塾の勧誘を受けた長男
読書ノートを用意する 子供を読書好きにするために
QUUTで全力砂場遊び

チャイルドシートのグレーゾーン

チャイルドシートは何歳まで装着?

道路交通法には「自動車の運転者は、幼児用補助装置(中略)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない」と記載されています。

幼児とは6歳未満を指します。

ですから法律でチャイルドシートの着用が義務付けられているのは、6歳まで

この6歳までのチャイルドシートも守っていない人がたくさんいて、育児猫はすごく気になっています。

 

www.ikujineko.com

 

チャイルドシート着用義務違反のペナルティは点数1点のみ。

反則金はありません。

もっと厳しくしてほしいところです。

 

6歳越えたら、乗用車のシートベルトで安全なのか?

では6歳越えたら、乗用車に付いているシートベルトを装着すれば安全を確保できるのでしょうか?

これははっきり言って「NO」です。

 

乗用車のシートベルトは身長140cm以上を対象に設計されているため、130cm位の子供がシートベルトを装着しても、大人と同じだけの安全性は確保できません。

 

ちなみに

6才小学1年生女子の平均身長は116.7cm

6才小学1年生男子の平均身長は115.8cm

となっています。

 

つまり小学校に入学したころの子供が乗車するときには、シートベルトを装着しても安全とは言えません。

育児猫家の子供は3人とも大きいほうですが、小学4年生の長男でも今143cmほどです。

正直まだ乗用車のシートベルトでは心もとないので、ジュニアシートを装着しています。

 

ちなみに子供たちの平均身長が男女ともに140cmを超えるのは、11才。

つまり小学6年生です。

 

チャイルドシートは6歳まで。

シートベルトで安全だと言えるのは11歳から。

 

7~10歳の間は、チャイルドシートの着用は義務付けられていないけれど、シートベルトで安全を確保することもできない、いわゆるグレーゾーンになっているのです。

とりあえずシートベルトしてればいいんじゃないの?

「身長が140cmなくってもシートベルトしてさえいれば、万一事故に遭っても車外には飛び出さないだろうし、いいのではないの?」

と考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしそれは間違っています。

シートベルトをしていても、事故の衝撃で子供が車外へ放り出されてしまう事例もあります。

また放り出されなかったとしても、やはり危険です。

このイラストの黒い人物が身長160cm程度だとしたら、育児猫が黄色で書いたシルエットで身長130cm位でしょうか。

事故に遭った時、「シートベルト外傷」といって、大人でもシートベルトの跡が青黒く残り、場合によっては横隔膜裂傷や腹部臓器の損傷などのケガを覆う場合もあります。

 

でも子どもだったらもっと大変です。

イラストではシートベルトの赤い部分が首にかかっているのがわかりますね。

また青い腰ベルトも子供はおしりが薄いため、柔らかい腹部にかかってしまっていると思います。

 

どちらもひどく損傷したら、即、命にかかわる部分です。

 

大人用のシートベルトでは、万一の時に子供の命を守ることは出来ないのです。

 

小学校に入学したら、ジュニアシートに変えましょう。

いつまでも小さなチャイルドシートに座らわせるのは危険です。

身長の伸びに合わせてジュニアシートを購入し、正しく装着させましょう。

 

jaf.or.jp

JAFも140cmに達するまではチャイルドシートの使用を推奨しています。

 

むしろ義務化してほしいけれど、法律を待っていては子供の命は守れません。

 

ジュニアシートはチャイルドシートよりも安価ですし、軽くて車の乗せ換えも簡単です。

育児猫の乗用車には上のジュニアシートを2つ(長男次男用)と、長女用にチャイルドシートを乗せています。

 

長男は身長143cmですがやせ型ですし、まだ乗用車のシートベルトでは安全を確保できません。

 

自分の子供の安全は自分で守るしかない

なにごとも法律で決まっているからと言って、安心はできません。

特にチャイルドシートのようなことに関する決まり事を、一律6歳までと決めるのは、おかしすぎます。

6歳になっても100cm未満の子どもだっているのですから。

本来なら身長145cmになるまで、ジュニアシートを義務化するべきだと思います。

 

アメリカでは幼児はチャイルドシートメーカーが許可する最高体重最高身長に至るまで、チャイルドシートを使用。

その後は4フィート9インチ(約145cm)になるまで、ブースターシート(背もたれのないジュニアシート)を着用する義務があり、13歳までは後部座席に座らなくてはなりません(ただし州によって違う場合もあります)。

 

アメリカと比べると日本の法律の緩さが際立ちますね。

でもここで愚痴ってもはじまりません。

日本の政治家が動くのを待たずとも、自分の子供のためにジュニアシートを用意することは出来ます。

 

もしも「6歳越えたからもう乗用車のシートベルトを使わせてる」という方がいらっしゃったら、すぐにでもジュニアシートを用意することをお勧めします。

事故に遭うのは今日かもしれないのですから。

 

では今日はここまで。

諸事情により、ランキングボタンかなり下に設置しています。

よろしかったら1クリックで応援お願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ