必見!花火の選び方
塾の勧誘を受けた長男
読書ノートを用意する 子供を読書好きにするために
QUUTで全力砂場遊び

ボッシュ食洗器を3年間使ってみての感想ブログ

ボッシュの食洗器60cmを使っています

育児猫家の食洗器はボッシュの幅60cm(SMI69N75JP)です。

 

www.ikujineko.com

 

ビルトイン専用でドア面材取り付けタイプ。

乾燥機能はゼオライトドライとなっています。

 

ネット上に意外と少ないボッシュ食洗器の口コミ。

今日は3年半ほど使ってみての正直な感想を書いていきたいと思います。

 

現在全く同じ型番の製品は販売終了になっているようですが、後継機は出ていますので、参考にはなると思います。

 

ボッシュの食洗器に食器はどれくらい入るのか?

実際に育児猫家がどれくらい食器を詰め込んでボッシュの食洗器を回しているのかをご紹介します。

汚れた食器が出てまいりますので、嫌な方は飛ばしてくださいね~

 

では先日深夜、育児猫が食洗器に食器を詰めた状態をご紹介します。

ボッシュの食洗器はこのように3段に分かれています。

1番上がカトラリー類、2番目はお茶碗やコップ類、3番目が大物という感じです。

 

では1番上

この日はスプーンやフォークはあまり使っていませんね。

使った日は奥の方に並べたら20本くらいは洗えます。

 

2段目

茶碗やお椀、コップ類がぐちゃぐちゃですね。

水筒の飲み口もここに入れてます。

 

3段目

麦茶ポット、水筒、まな板、ホットクックの内蓋、などなど大物が並んでおります。

排水溝の生ごみ受けも毎日洗っています。

 

この日育児猫が自分の手で洗ったのは、一番大きなフライパン一つだけです。

このフライパンは直径30cmありまして入らなくはないのですが、入れると他の物が入らなくなるので、諦めました。

 

こんな感じでぎゅうぎゅうに詰めて毎日洗っております。

家族5人分ではありますが、昼は給食&お弁当ですから、大体2食分ですね。

土日など家で昼食を食べる日は出来るだけワンプレートにするようにしています。

お皿類を手洗いすることはめったにありません。

 

ボッシュの食洗器に予洗いは必要か?

食洗器に入れる前に予洗いをする方も多いと思いますが、育児猫はやってません。

実際に入れているお皿をアップで見てましょう。

き・きたなくてスミマセン。

まぁこんな感じです。

食べ残しはざっと流していますが、ソースやドレッシングは皿に残ったままです。

 

こんな感じで洗剤を洗剤入れに投入してスイッチオンであります。

 

後は頼んだぜb

通常モードは3時間15分。45~65度のお湯でオートで洗ってくれます。

70度モードを選択すると2時間20分で乾燥まで終わります。

 

ボッシュ食洗器の洗いあがりはどうか?

当たり前ですが、一番気になるのは洗い上がりですよね。

まずは先ほど汚れをアップでお見せしたお皿に注目です。

ピカピカですねぇ。

二段目はこんな感じです。

ガラスや陶器の食器は保温性が高いので、よく乾燥しますが、プラスチックのお椀はどうしても乾きづらいですね。

アップで見ると

こんな感じです。

 

水筒の中は

ぴかぴかです。

 

麦茶ポットも

乾いてはいませんがきれいです。

 

麦茶ポットのフタは形が複雑ですが

こんな風に細かいところまできれいです。

 

排水溝の生ごみ受けも毎朝この状態。

気持ちいいです。

 

ボッシュの食洗器を使ってみて良かった点

他の食洗器を使ったことはないのですが、少なくとも国産のものと比べると入る量が全然違うと思います。

水筒やお茶ポットを入れれるので、それ専用のスポンジなどがいりません。

そのため寝る前のシンクは毎日

この状態。

物が少なくてスッキリです。

 

また手洗いするよりもきれいになっていると感じます。

手洗いしていたころは、長く使っている麦茶ポットや水筒は、底の方に茶垢が付いてきて汚くなっていました。

そのため定期的にキッチンハイターなどを使っていました。

しかし食洗器を使い始めてからは、一度もキッチンハイターを使っていません。

必要ないのです。

 

でも食洗器で一番うれしいのは手荒れがなくなったことです。

お湯と洗剤をつかって食器を毎日洗っていたころは、手がカサカサでところによって皮がむけたりかゆくなったりしていましたが、現在はハンドクリームなしでも全くトラブルがありません。

 

ボッシュの食洗器を使ってみて残念な点

これは完全に自分が悪いのですが、食洗器のスイッチを入れ忘れると翌朝大惨事です。

食洗器は3時間以上かけて洗うので、慌ててスイッチを入れても間に合いません。

汚れて一日寝かせた食器類を洗うという苦行は、一日の始まりを最悪の気分にします。

 

あと水筒は食洗器対応の物ではないのに入れてしまうせいか、塗装が禿げます。

現在の長男の水筒はこんな感じ

この水筒、真っ黒だったんですよ。

まぁこれはこれでカッコいい・・・かな?

 

自信を持ってボッシュの食洗器をお勧めできます

食洗器を3年使ってみて、育児猫はすごく助かっていますし悩んでいる友達がいたら、「ぜひ導入してみたら?」と勧めると思います。

 

設置にはいくつかハードルがありますが(キッチンの高さが90cm必要とか、200vの電源が必要とか)、新築時やリフォーム時に検討する場合はそれほど大きなハードルではないと思います。

 

食洗器を導入すれば、食器を洗う量を減らせるのはもちろん、お掃除グッズも減らせるし、手荒れも減るし、自由時間が増えるしと、いいことがたくさんです。

 

育児猫の一押し家電は乾太くんですが、ガスが使えないご家庭なら食洗器をお勧めしたいですね。

 

www.ikujineko.com

 

では今日はここまで。

諸事情により、ランキングボタンかなり下に設置しています。

よろしかったら1クリックで応援お願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ