必見!花火の選び方
塾の勧誘を受けた長男
読書ノートを用意する 子供を読書好きにするために
QUUTで全力砂場遊び

四国地方 車中泊の旅 徳島編4

※当ブログは広告を掲載しております

 

大塚国際美術館 B2階

今日は育児猫家㏌大塚国際美術館の続きです。

www.ikujineko.com

 

B3階を堪能した育児猫家は、順路通りB2階に上がりました。

 

上がって最初に目に飛び込んでくるのは

大塚国際美術館 Rose Paradise

素敵なバラのフォトスポット。

7200輪のアートフラワーが使用されているそうですよ。

お疲れ気味の長女ちゃんのテンションが爆上がりしておりました。

 

B2階のテーマはルネサンスバロック

大塚国際美術館 B2階

とにかく広くてちょっと迷路みたいで、歩くだけで楽しいです。

ただし体力は奪われます

 

今日も有名なものを中心にご紹介しますね。

ヴィーナスの誕生

 

ダヴィンチ!

レオナルドダヴィンチの『最後の晩餐』修復前

大塚国際美術館 最後の晩餐

 

目の前にはなんと修復後も

大塚国際美術館 最後の晩餐

ダヴィンチコード』が好きだった育児猫、ここで子どもに色々語りだします。

まぁちゃんと聞いてくれていたのは長男だけでしたがw
 
同じくダヴィンチ作の『岩窟の聖母』ルーブルバージョンと

岩窟の聖母

 

『岩窟の聖母』ロンドンバージョン

岩窟の聖母

この二つを並べて鑑賞できるなんて、すごすぎる。

ダヴィンチコードファンは絶対行った方がいいです。

 

そして『モナリザ

モナリザ

モナリザダヴィンチの最高傑作と呼ばれることが多いのは、本人が一番気に入っていたかららしいのですが、とにかく小さい作品ですよねぇ。

特に最後の晩餐を見た後だと、特に小さく感じます。

この小さな絵の何をそれほど愛していたのか、不思議に思わずにはいられませんよねぇ。

 

レンブラントフェルメール、モネ・・・

もちろんダヴィンチ以外の作品もすごいんです。

 

レンブラントの『夜警』

大塚国際美術館 夜警

廊下にずらっとフェルメール

大塚国際美術館 フェルメール

一番奥に鎮座しているのはもちろん

真珠の耳飾りの少女

大塚国際美術館 真珠の耳飾りの少女

モネの『大水連』はなんと屋外展示

モネ 大水連

 

B2階も展示作品がとにかく豊富で、しかも誰でも知っているような作品がたくさんあって、育児猫の雑学がところどころさく裂して、とにかく充実していました。

 

絵画だけじゃない

例えば前回ご紹介したシスティーナホールを吹き抜け部分から、鑑賞することもできます。

大塚国際美術館 システィーナホール

「これは本物のシスティーナ礼拝堂では出来ないかも」と思いました。

 

B2階で初めてお手洗いに行ったのですが、お手洗いの中もきれいで

大塚国際美術館

個室の一つ一つに小さな名画が!

 

洗面台にも

大塚国際美術館

う~ん。全部見たくなりますね。

 

子どもと美術館

子どもを美術館や博物館に連れて行くのは、情操教育にはいいといわれますが、子供本人が楽しめるかどうかは行ってみないとわかりませんよね~

 

育児猫家の子どもたちの中で、『大塚国際美術館』を楽しんでいたのは、小学6年生の長男だけでした。

次男と長女はあきらかに興味なし。

まぁしょうがないよねぇ。

 

ときには「退屈だったなぁ」という思い出も悪くないでしょう。

 

ただ大塚国際美術館はとにかく広いので興味のない次男と長女にとっては、とにかく退屈で疲れるわけです。

 

そこで育児猫は

「美術館を出る前には、おみやげやさんがあるから、お友達へのプレゼントを探そうね」と言って、なんとか二人にも頑張ってもらいました。

 

しかし育児猫はこの約束を、のちのち後悔するのでした・・・

 

↑こちら1クリックで応援よろしくお願いいたします。

 

では今日はここまで。

諸事情により、ランキングボタンかなり下に設置しています。

よろしかったら1クリックで応援お願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ