必見!花火の選び方
塾の勧誘を受けた長男
読書ノートを用意する 子供を読書好きにするために
QUUTで全力砂場遊び

業務スーパー ベルギーミニポテト

f:id:ikujineko:20220418105746p:plain

 

 

業務スーパーの冷凍野菜

普段から業務スーパーにはかなりお世話になっている育児猫家。

 

www.ikujineko.com

以前もちょっと記事を書きました。

 

でも食材に関しては書いていません。

理由は「書いている人がたくさんいるから、まぁ今更私が書かなくてもいっかぁ」と感じているかなのですが、最近育児猫家のお気に入りの商品がそれほど有名ではないようなので、記事にしようと思います。

 

育児猫が業務スーパーでよく買う食材は、魚・カレールー・調味料・パン・ジャム・チーズなどなどなんですが、実は冷凍野菜はあまり買いません。

 

だって美味しくないのですもの。

 

今まで「冷凍ブロッコリー」「冷凍きのこ」「冷凍ごぼう・にんじん」などを買ったことがありますが、少なくとも育児猫はリピしたいとは思いませんでした。

 

安いし、おいしければ冷凍野菜でも全然かまわないと思っているのですが、おいしくなければどんなに安くてもいやなのです。

子供達も食べてくれませんしねぇ。

 

そんな業務スーパーの冷凍野菜ですが、最近育児猫が激しくリピートしているものがあるので、ご紹介したいと思います。

 

ベルギーミニポテト 1kg

皆さんご存じでしょうか?

業務スーパーの冷凍野菜コーナーにある「ベルギーミニポテト 1kg」

お値段は「税込322円」になっています。

f:id:ikujineko:20220418114901j:plain

 

訳アリのじゃがいもなら、これくらいの値段で売ってあることもありますね。

ですから、値段だけ考えると激安ではないかもしれません。

 

また業務スーパーには「冷凍ポテト」という乱切りしたじゃがいもの冷凍食品も売ってあります。

こちらは中国産で1kgで「税込267円」となっています。

 

育児猫が50円以上多くお金を出してもベルギーミニポテトを買うのは、中国産は嫌だという理由だけではありません(それも多少あります)。

「ベルギーミニポテト」は激安ではないのですが、とにかく使い勝手が良くて気に入っているのです。

 

皮が剥かれているのはもちろんですが、形が丸いのがお気に入りポイントです。

また様々なサイズのポテトが入っているので、小さいのはフライにして大きいのは煮物にするなど使い分けしています。

 

実際どんな感じで使っているのか、育児猫家のレシピをご紹介します。

まぁレシピって言えるほどでもないんですけど。

ベルギーミニポテトで揚げじゃがいも

500wのレンジでラップをかけずに加熱します。

時間は量やジャガイモのサイズによりますが、だいたい1皿10分くらいだと思います。

180度の油で揚げます。

きつね色になればOKです。

 

味付けは塩だけでもおいしいですし、業務スーパーに売ってある「ふりふりシーズニングパウダー」もお勧めです。

f:id:ikujineko:20220418114316j:plain

価格は税込み170円です。

育児猫家では結構使うのですが、なかなか減りません。

コスパ最強の調味料です。

 

この揚げじゃがは小さめのじゃがいもを選んだほうがおいしいですね。

あと乱切りよりも、丸いじゃがいものほうが、プチってはじける感じがおいしい気がします。

そして小さいじゃがいもの皮を剝くのって大変ですが、「ベルギーミニポテト」は皮が剝いてありますから、楽ちんです。

子供達はあわてて食べて、おかわり争奪戦が始まります。

 

ベルギーミニポテト肉じゃが

え~育児猫家の肉じゃがは最近ホットクックが無水調理で作ってくれています。

で、材料を入れるときにこの「ベルギーミニポテト」を入れるだけです。

ただし、オートメニューではなく、手動→煮物→混ぜない→30分で作ります。

また20分くらいで一度開けて、上下を返すように混ぜると全体に味が染みます。

オートメニューの肉じゃがは混ぜ技ユニットで混ぜるので、じゃがいもの原型がなくなります。

 

これだとあんまりなので、育児猫がホットクックを買う前に作っていた肉じゃがのレシピを載せますね。

 

じゃがいも5個

にんじん1本

玉ねぎ2個

牛肉200g

しらたき1袋

醤油100cc

砂糖大さじ4

酒大さじ4

 

材料の個数はあくまで目安です。

中くらいの大きさを想定しています。

 

①油をひいた鍋で、くし切りした玉ねぎを軽く炒める。

②じゃがいもとにんじんを加えて炒める。

③上にしらたき、牛肉(豚でも可)を乗せて、上からしょうゆと砂糖と酒をかけてフタをする。

④中火で15分

⑤一回フタを開け、混ぜてからさらに中火で10分。

⑥ジャガイモに火が通っていれば完成です。

 

これ乱切りの方だと、煮崩れしやすいんですよね。

ベルギーミニポテトは皮はむいてあるので、そのまま投入できるんですが、丸いので煮崩れしにくいです。

 

それに「ベルギーミニポテト」は、煮物に使うと、とろ~っととろけるような舌触りになるんですよねぇ。

カレーなんかにもお勧めです。

 

わが家のコンロには、ダッチオーブンがついていまして、じゃがいもを冷凍のまま投入して加熱30分余熱20分で、ほくほくになります。

そこに焦げ目がつくのが嫌なら加熱の途中で、いったん混ぜればいいと思います。

 

あとはつぶして、ポテサラでもマッシュポテトでも簡単に作れます。

子供って「いも」好きですよね

育児猫家の子供はじゃがいも、さつまいも、さといも、山芋、全部好きです。

最近は色々と物価高で、いくらでも食べさせてあげることが難しいです。

 

業務スーパーにも値上げの波はじりじりと来ているようです。

それでも普通のスーパーで買うよりはずっと安いですよねぇ。

 

ちなみに夏には庭にプールを出すのですが、プールで冷えた体で食べるフライドポテトも子供たちのお気に入りです。

f:id:ikujineko:20220418115235j:plain

こちらは税込214円。

油も必要ですが、おいしいしコスパ最強ですよね。

こんなのマックで毎回買ってたら破産します。

 

味付けはやはり上でご紹介した、「ふりふりシーズニングパウダー」です。

 

今日は業務スーパーのベルギーミニポテトのご紹介でした

色々な理由で食材等の値上げが止まりませんね。

それに今後もどんどん上がっていきそうです。

先に給料が上がってくれれば問題ないんですけどねぇ。

 

でも子供たちは成長期真っ只中。

しっかり食べさせてあげるためにも、安くておいしい食材には常にアンテナを巡らせておきたいものです。

 

では今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。