天体ショーは天体望遠鏡での観察がおすすめ。 11月19日部分月食

f:id:ikujineko:20211120091054p:plain

育児猫家では季節の行事や自然体験を大切にしています。

今回の月食は部分月食ではありますが

月の98%が隠れるほぼ「皆既月食」でした。

持っているなら天体望遠鏡で観察しない手はないですよね。

 

 

 

天体望遠鏡月食観察の秘密兵器

月食に限らず、天体をしっかり観察するには天体望遠鏡があったほうがいいですよね。

 

なぜか男の子は宇宙に興味を抱くことが多いように感じます。

これは我が家の長男次男だけの話ではなくて、クラスメートやご近所のお話を聞いていても感じることです。

 

我が家の天体望遠鏡は去年の長男の誕生日に購入したものです。

 

このビクセンの望遠鏡です。

子供のものとしては高価ではありましたが、長男が誕生日プレゼントは天体望遠鏡一つだけでも構わない。と言いまして購入となりました。

 

旦那、叔父、祖母×2の力を合わせたプレゼントでした。

 

この天体望遠鏡は出しっぱなしにするには大きすぎますし、子供だけで扱うのは難しいので

いつでも天体観測とはいきません。

 

でも月食のような天体ショーを望遠鏡で楽しめるのは

すごくうれしいことです。

 

天体望遠鏡でどこまで見えるのか?

我が家の天体望遠鏡は育児猫家の買い物としては高額ではありますが、天体望遠鏡としては高価な部類ではありません。

 

そんな初心者向けの天体望遠鏡で今回の部分月食がどこまできれいにみえるのか?

 

育児猫が頑張ってスマホで撮影しましたのでご覧ください。

f:id:ikujineko:20211120215258j:plain

f:id:ikujineko:20211120215324j:plain

天体望遠鏡での視界をスマホで撮影しやすくするためのアダプターも販売されているのですが、育児猫家にはありません。

お手ごろな値段なのになぜか買っていなかったなぁ。
今回すっごい後悔しました。
 
三人の子供たちが代わるがわるのぞく望遠鏡。
合間を縫ってピントを合わせて
手振れを抑えて
視界を合わせて
撮影するのが大変でした。
 
望遠鏡をのぞいた視界には程遠いのですが、育児猫頑張りました。
いかがでしょうね?
 
その後はこんな感じ

f:id:ikujineko:20211120215949j:plain

月が明るくなるとまぶしすぎてますます撮影が困難に。
 
よし、アダプター買っちゃお。
 

天体望遠鏡での観測で子供に人気があるのはやっぱり土星

小学三年生の長男が天体望遠鏡で最初に見たがったのはやはり土星でした。

 

あの輪っかがなんとも心惹かれるんでしょうねぇ。

 

市販の天体望遠鏡土星がちゃんと見えるのか?

と心配される方も多いようですが、ばっちり見えますよ。

大きさはもちろん小さくなりますが、輪っかもばっちり見えます。

 

ちなみに木星の縞模様も見えます。

 

今は『宵の明星』、夕方西の空に金星が見えますね。

 

金星は月のように満ち欠けしているので、今度子供たちと観察したいと思います。

 

小さいのでスマホでの望遠鏡の視界を撮影するはさらに難易度が上がりそうですが、アダプターを使用して、うまく撮影出来たらブログでご紹介しますね。
 

お月見じゃないよ?月食観察だよ。

育児猫家の子供たちは全員「団子が食べれる」と勘違いしてました。

 

www.ikujineko.com

月食中秋の名月は全然別物だし、お団子食べなくても月は見れるよ?」と説明するものの全員納得しない。

 

仕方がないから急きょ餅を焼いて食べさせました。

一つずつですよ!

ちょっと甘かったかな。

 

もうすぐクリスマス。プレゼントに天体望遠鏡はいかがでしょうか?

小学生くらいの子供さんをお持ちで

クリスマスプレゼントに悩んでおられるなら

天体望遠鏡いかがですか?

 

月食じゃなくても、月の表面のクレーターがはっきり見えると息をのむような美しさですよ。

 

子供さんが食いつかなくても大人が元を取れると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ランキング参加してます

↓が育児猫のやる気スイッチになっております

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ