子供達のお気に入りの公園 イン福岡

 

子供は公園がお好き

当たり前ですが、子供たちは公園が大好きです。

今の家に越してくるまでは、旦那の会社の社宅に住んでいました。

社宅の敷地内には公園があり、毎日2時間くらいは遊んだものです。

 

雨が降っても、『しとしと』くらいなら遊びましたねぇ。

ちなみに社宅の公園の砂場はめちゃめちゃ水はけが悪くて、よく池になっていました。

 

この「砂場池」で遊ぶのも、子供たちは大好きでしたよ。

 

実は育児猫は遊具が少ない公園の方が好きです。

 

遊具があると、順番を上手に待てない子にイライラすることありますよね?

それに遊具があんまりたくさんあると、子供に目が届かなくなるんですよ。

死角が多すぎるのです。

 

基本的に3人の子供を連れて公園に行ったら、4歳の長女からは絶対に目が離せません。

ありとあらゆる意味で怖くて目を離せないのです。

 

でも長男と次男も

「お母さん見てみて~」と必ず言ってきます。

 

そういうときは、長女を視界の端で捉えながら、長男次男を見るという、

『必殺マザーズアイ』を駆使することになるわけです(大げさ)。

 

しかしこの『必殺マザーズアイ』は超能力ではありません。

残念ながら透視能力はないのですよ。

 

ですから所狭しと大型遊具が並べてあるタイプの公園なら、旦那と一緒でないと遊びに行けませんね。

 

子供達の好きな公園

今日は好きな公園というお題なので、子供たちにどの公園が好きかを聞いてみました。

次男はKさんちの公園

www.ikujineko.com

長男の同級生のP君が住んでるマンションの隣の公園が次男のお気に入り。

 

公園としては遊具が多い訳でも、珍しいものがあるわけでもないのですが、長男や長男のお友達と一緒に遊べるのがうれしいようです。

 

長男も外ではなかなか面倒見がいいようで、しっかりお兄ちゃんしてくれているみたいですね。

 

長女は直方キャンプ場

 

www.ikujineko.com

 

www.ikujineko.com

 

いや、それは公園ではないよ?

まぁ記憶が新しいということなんでしょうね。

桜やチューリップがきれいだったこと。

買い食いしたポテトが爆盛だったこと。

焚火がきれいだったこと。

楽しい思い出てんこ盛りな直方オートキャンプ場が長女のお気に入りです。

 

長男のお気に入りは

長男にも「好きな公園はどこ?」と聞いてみました。

答えは「お母さんがいるとこ!」

 

えええ!!?

なに、その鼻血が出ちゃうような答えは!

 

「お母さんと一緒なら、どこの公園でも楽しいよ」

「お母さんがいないと、どんな公園でも楽しくなくなることがあるよ」

だそうです。

 

さすが長子は母の心をわしづかみにする術を身につけていますね。

 

これを聞いていた次男と長女も

「僕も!お母さんが一緒」

「私はお母さんがいないとつまらないわぁ」

と同調し始めました。

 

こうやって、渡世術を学ぶのねw

 

育児猫家の好きな公園

結局育児猫家の好きな公園は、あまり人がいなければどこでも大丈夫ってことになりました。

ただし「母必須」

 

www.ikujineko.com

確かに、遊ぶときには全力で相手するようにしているので、楽しんでくれているとは思います。

 

そして育児猫も子供が3人とも元気でいてくれれば、原っぱでも、お庭でも、楽しい公園になるなぁと気づきました。

 

ということで今日はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

今週のお題「好きな公園」