しらす丼 小学生でも作れるレシピ

 

釜揚げしらすの季節ですね

釜揚げシラスの旬は4~5月と9~11月。

柔らかくておいしいですし、魚を頭から尻尾までまるっと食べれて栄養満点です。

 

旬だと美味しいうえに安くなるので、この季節にはよく買います。

子どもたちも大好きです。

そのまま食べても美味しいし、卵焼きに入れたり、酢の物に入れたり、食卓によく出しています。

 

そんな今が旬の釜揚げシラスを使った『しらす丼』を小学4年生の長男が作ってくれたのでご紹介します。

 

長男のクラスが学級閉鎖

先日長男のクラスでコロナ陽性者が出たらしく、GW明け早々3日間の学級閉鎖になりました。

午前中はオンライン授業があったものの、あとは自由時間。

 

長男は本さえあれば問題ないのですが、せっかくだからいつもと違うことをさせてあげたいですよね。

 

だって次男と長女がいない、二人っきりの時間なんてなかなかありませんから。

 

ということで3日間の学級閉鎖のうち1日ではありますが、長男に晩ご飯を作ってもらうことにしました。

 

普段から子供たちに料理を手伝ってもらうことはあります。

でも一人手伝い始めると「僕も」「私も」となるので、一人に全部任せるのは難しいです。

特に下の二人には出来ることが限られていますから、どうしてもいつも似たようなことのお手伝いになりがちです。

 

でも今回は長男に献立から調理まで、すべて任せることにしました。

 

一緒に八百屋さんとスーパーに買い物に行って、出来るだけ安くておいしいものを探しました。

安くておいしいものは結局旬のものが多くなりますよねぇ。

 

長男が八百屋で選んだのは、新玉ねぎと新ごぼう

スーパーでは釜揚げしらす

 

あとは家にあるものを使って作れる献立を二人で考えましたよ。

 

小学4年生が作れる晩ご飯の献立

長男と決めた献立は

しらす丼

きんぴらごぼう

・カマンベールチーズフライ

・新玉ねぎスープ

です。

 

色味がちょっと寂しくなりそうですが、まあいいでしょう。

カマンベールチーズフライはコストコで購入した冷凍食品です。

 

新玉ねぎスープはホットクックに作ってもらいます。

 

www.ikujineko.com

 

では頑張って作ってもらいましょう。

 

しらす丼のレシピ

しらす丼 材料 ご飯  適量
しらす 適量
海苔  適量
ポン酢 大1
生姜  少々

 

しらす丼 作り方

ご飯の上に海苔を好きなだけのせる

しらすも好きなだけのせる

ポン酢にすりおろしたしょうがを混ぜてかける

 

はい、書くのがちょっと恥ずかしいくらい簡単なレシピですね。

ちなみに海苔は刻みのりなどがいいとおもいます。

わが家が使った海苔は

これです。

業務スーパーがお近くにある方は、一袋税込み430円で売ってありますよ。

 

はっきり言ってこれだけでご飯がいけます。

 

きんぴらごぼうのレシピは、普通過ぎて書くのが恥ずかしいから省略です。

 

新玉スープはコンソメと水500cc、皮を剥いた新玉ねぎ5個を丸ごとホット

クックに入れて、手動で「スープを作る」「20分」でスイッチオンです。

あ、混ぜないを選択してください。

混ぜると新玉ねぎがボロボロになること請け合いです。

 

チーズフライは揚げるだけですね。

 

ちょっとだけ撮影しました

今回長男が一番大変そうだったのは、ごぼうの皮むきとささがきです。

途中でちょっと飽きて、輪切りにしちゃってますね。

手前に写っているごぼうは、長男が全部皮むきしたんですよ。

このあとこのごぼうを全て「ささがき」にしました。

 

安いけれど、細いごぼうを買うと大変だということを身をもって学んだことでしょう。

 

配膳も長男です。

やっぱり色味が寂しいですねぇ。

 

でも大丈夫。

きっとおいしいよ。

新玉スープの玉ねぎ大きいですねw

もうほとんどスープがないですw

でも新玉スープは子どもたちの大好物ですし、旬の今しか食べられない味ですから、よく作ります。

 

頑張って作ったね。

すごいね。

美味しそう。

 

長男の感想

長男は何を食べても「おいしい」と喜んでいました。

自分で作るとおいしいなんて、今だけだよね。

 

母は作ってもらった方がおいしいですw

 

特にきんぴらごぼうが美味しかったようで、2回おかわりしていました。

 

私と旦那も長男に配膳してもらって食べました。

ちゃんと全部美味しくできていましたよ。

 

今回買い物から一緒にしたことで、どれくらいのお金がかかっているのか。

スープとおかずの材料は変えようとか。

色々一緒に考えることができて、楽しかったです。

 

長男も「またやりたい」と言ってくれているので、また時間がある時に任せたいと思います。

 

では今日はここまで。