ミニトマト栽培 初収穫

 

ミニトマトのお世話頑張っています

以前子供たちがそれぞれミニトマトの苗を植え付けた話を書きました。

 

www.ikujineko.com

あれから1カ月と1週間です。

 

土が乾いたら水やり。

晴れている日には芽かき。

雨が降る時は、濡れないように移動。

2週間に一回追肥

 

意外といろいろやることが多いですが、3人ともそれぞれ頑張ってお世話しています。

 

支柱を建てたり、誘引したりは育児猫が手伝っています。

 

今日は植え付けから1か月。

育児猫家のミニトマトのその後をご紹介いたします。

 

それぞれ大きくなってます

3人分のミニトマト袋栽培

それぞれ育っています。

 

まずは長男

まだ青いけれど、元気なミニトマトがたくさんなっていますよ。

収穫が楽しみだねぇ。

 

長女は

長女のミニトマトはアイコ

小さい時からちゃんと長丸なんですねぇ。

 

最後に次男

おぉ。赤くなったねぇ。

収穫は明日かなぁ?

 

待ち切れずに収穫です

次男君のミニトマトが一番早く収穫できました。

植え付けの時点で花が咲いていたのは次男の苗だけでしたから、当然と言えば当然の結果です。

 

もう1日待った方が美味しくなりそうな予感ですが、もう待ち切れない様子。

まぁいいでしょう。

収穫です!

そ~っと大事に収穫です。

すぐには食べずに夕食の食卓に並べましたよ。

 

きれいだねぇ。

でも次男の手の方がおいしそう~w

お味はいかが?

さぁミニトマト実食!

大事に食べてるねぇ。

育「どう?おいしい?」

次男「売ってあるミニトマトみたい」

育「それは普通ってことだね」

次男「普通においしいってこと」

 

という感じでした。

残念ながら目が覚めるほどおいしいわけではなさそうです。

完熟するまで待って食べれたらもっとおいしいかな。

 

ミニトマト収穫表を作成してみました

せっかくミニトマトを育てているのですから、いくつ採れるか数えることにしました。

といっても、採るたびに数えていたら忘れてしまいます。

 

そこでこんな表を作ってみました。

まぁ表って言えるほどではないですがw

 

ミニトマトを一つ収穫したらシールを一つ貼るシステムです。

10個シールを貼ったら数えやすいように区切りをつくろうかな。

 

目標は一人100個ずつ。

プランターミニトマトを栽培する場合も100個くらいが目安のようです。

育児猫家は今回、一袋700円位の袋栽培にチャレンジ中なので、100個採れたら大体元が採れるかな。

まぁ子供たちが喜べたら十分元は採れるかな。

 

育児猫家のミニトマト栽培、また続報をお知らせすると思います

 

ではきょうはここまで。

諸事情により、ランキングボタンかなり下に設置しています。

よろしかったら1クリックで応援お願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ