コロナ陽性でした! 経過報告

 

コロナの経過報告

先日

 

www.ikujineko.com

上の記事で次男が陽性だったことをご報告しましたね。

 

んで、21日土曜日の夜の時点で、育児猫も喉に違和感を覚えていました。

 

嫌な予感はしていましたが、その日はとりあえずそのまま就寝。

 

22日(日)朝、目覚めると少し熱がありました。37.3℃。

まぁ日曜日だし、これくらいでは病院には行けません。

でも多分これ、コロナなんだろうなぁ。とは思っていました。

 

22日(日)午後3時強烈な悪寒に襲われて、熱を測ると38.6℃。

節々の痛みと頭痛が辛い。

仕方ないのでロキソプロフェンを服用。

アセトアミノフェンの方がいいのはわかっているのですが、普段から頭痛持ちの育児猫はしょっちゅう鎮痛剤を服用しているので、アセトアミノフェンくらいでは効かないのです。

 

22日(日)午後7時

ロキソプロフェンがある程度効いたけれど、頭痛は治まらず。

熱は37.2℃まで落ち着きました。

頭痛をこらえながら、何か食べようと旦那が用意してくれたご飯を一口食べると、強烈な吐き気が。

つわりの再来っていうくらいの吐き気で、一口も食べれずにギブアップ。

仕方ないので、アクエリアスだけ飲んで就寝。

 

23日午前1時

再び悪寒で目が覚める。

熱を測ったら39.0℃。

頭痛と節々の痛みもひどい。

今度はボルタレンを服用。

1時間もかからずに、頭痛が治まり熱も下がる。

今ならなんか食べれるかも、と思いつき桃缶を開ける。

風邪をひいたら桃缶だよね?

吐き気もかなり治まっていて、桃1個分を平らげる。

 

23日午前7時

目が覚めると気分がいい。

熱は36.4℃。

あら、治ったんじゃない?

育児猫もまだまだ若いな。

なんて思うけれど、食欲だけは回復しておらず。

桃缶の残りを少しだけ食べる。

 

23日午前10時

また悪寒と頭痛。

熱は38.4℃。

病院で検査を受ける。

抗原検査で陽性判定。

モスのドライブスルーでシェイクを買って帰る。

シェイク美味しかった。

帰宅後、ボルタレンを服用。

熱が下がり、寝る

 

23日午後6時

再び熱が出る。39.2℃を記録。

この年で39℃台はなかなかハード。

薬を服用しても治るわけではなく、本当はある程度熱を出したほうがいいとは思うのだけれど、痛みに耐えかねてボルタレンを服用。

 

23日午後7時

熱は37.0℃。

今ここです。

 

ブログ休んだら?と自分でも思うけれど

私みたいなタイプの人間は、続けている間は頑張れるけれど、一度でも休んじゃうとずるずるできなくなることが多いんですよね。

それが怖くて、今日も無理やり書いています。

 

いつもなら結構推敲してから、予約投稿するのですが、今日はそこまでやる気は起きません。

変な文だったりしたら、大目に見てやってください。

 

後日元気になったら、リライトしようとは思います。

 

福岡県のコロナ患者への対応 2022年5月23日現在

次男が病院でPCR検査を受けたのが20日。

翌日の夕方4時半くらいに「陽性です」と小児科の先生からお電話を頂きました。

同日午後6時、保健所からも電話がかかってきました。

 

内容をまとめると

療養期間は本人は発症から10日間。

次男の場合は熱が出た20日から30日まで。

濃厚接触者(家族)は発症から1週間。

20日から27日まで不要不急の外出はしないこと。 

 

食品や日用品の買い出しは不要不急の外出には該当しない。

しかし,、買い出しには一人で、かつ人の多い時間帯を避けていってほしいこと。

 

症状がなければ、療養期間を終えれば陰性証明なしで学校や会社にいっていいこと。

 

家庭内でも可能な限り感染対策をしてほしいこと。

 

もしも家庭内でさらに感染者が出た場合は、次の感染者の発症日から1週間に濃厚接触者(家族)の療養期間が延びること。

 

などでしたね。

 

外国に行きましたか?

は、聞かれましたが、それ以外の外出先を根掘り葉掘り聞かれることはありませんでした。

福岡だけで一日2000人とか感染者が出ていますから、細かいことまで把握できないということなんでしょうね。

 

保健所の方からも、withコロナを感じました。

 

旦那に物申したい

物申したいけれど、申しません。

まぁ旦那なりに頑張っていることは重々わかっていますし、せっかく頑張っているときにケチをつけられたら誰だってやる気が半減しますからね。

 

ですからここで吐き出しておきます。

これを読んで、男性の方が「女性はこんなことで怒るのね」と勉強になれば幸いです。

 

一つ。頼んだものと違うものを買ってくるのやめて

これね、妊娠中も結構あったんですよね。

私具合が悪くなると「たらみのゼリー」が食べたくなるんですよ。

でも他のゼリーじゃダメなのよ。

「たらみのゼリー」はちょっと割高だけれど、ゼリー部分の風味とか柔らかさが私の好みなのです。

普段は贅沢言わないけれど、具合が悪い時だけ食べたくなるのよ。

 

なのに何故安い聞いたことのない銘柄のゼリーを買ってくるのよ?

せめて「たらみのゼリー」よりも高そうなゼリーなら許せるんだけれど、明らかにワゴンに積んである安い奴を買ってくるのね。

仕方なく食べたんだけれど、やっぱりおいしくなくって食べれませんでした。

 

グリコのプッチンプリンを頼んだのに、微妙に安い森永のプリンを買ってきたり、オレオを頼んだのに聞いたことのないクッキーを買ってきたりと、同じような失敗をする男性は意外と多いようです。

 

お願いだから数十円をケチらずに、奥さんの食べたいものを買ってあげて頂戴。

 

二つ、触らないでくれ

痛いのよ!

愛情表現なんだと思うんだけれど、頭をなでなでしたり、腕をさすったりしてくるのよ。

でも高熱が出てるときに、頭を軽くでも揺らされるとすごく頭が痛いのよ。

皮膚もすごくヒリヒリしやすくなっていて、触られるの苦痛なのよ。

そっとしておいてほしいわぁ。

ただ愛情表現だとわかっているので、はっきり断るのはなかなか難しい。

 

三つ、もっと子供と遊んであげて

普段できない庭仕事に逃げるんじゃありません。

こんなときこそ子供しっかり遊んであげてほしいのよ。

旦那はお出かけの時には、しっかり遊ばせてくれるのですが、家の中で遊ばせるのはあまり得意ではないみたいなんですよね。

でも図書館で借りてきた本を読み切ってしまったし、退屈して育児猫に甘えに来ちゃうんですよ。

でも出来るだけ接触を避けたいし、そもそも体力もない。

ドミノでも積み木でも、なんでもいいから付き合ってあげて。

もしくは一緒に庭仕事に誘ってあげてほしいわ。

 

まぁ三つ目だけは、我慢できずに旦那に言いました。

旦那は「お母さんのとこには行っちゃだめって言っといたのに」って言いましたが、それは無理な話です。

まだ長女は5歳ですからね。

「育児猫と遊べなくて寂しいんだから、お父さんが遊んであげてね」と伝えました。

「わかった」と言ってくれましたが、明日はどうかしら?

 

さて、今日は雑な記事ですみません。

今は少なくとも元気です。

でも皆さんのブログにお邪魔したり、コメントに返信したりするのが遅れるかもしれません。

その時はご容赦ください。

 

ではきょうはここまで。

諸事情により、ランキングボタンかなり下に設置しています。

よろしかったら1クリックで応援お願いいたします(*- -)(*_ _)ペコリ